車を持っていると生活保護を受けられないという印象が強いですが、実際はどうなのでしょうか? まず、生活保護を受けているからといって、車を持ってはいけないという決まりはありません。 地方の場合だと買物や病院に行くのに車がないと困ることも多いですし、どうしても通勤や通学に必要となる場合もあるでしょう。 そのため、その人の生活状況によっては、車を所有できる可能性があると思ってください。 ただし、お住まいの地域や担当のケースワーカーによって判断は異なるので、いくら生活に必要だといっても、認められないこともあります。 基本的に生活保護を受けるためには、資産がないというのが前提になりますから、車を持つことはできないと思った方がいいかもしれません。 また、車に使用されるガソリン代などは扶助されないので、全額自己負担となります。 もし、どうしても生活をする上で車が必要ということであれば、まずはケースワーカーに相談してください。 この時に、明確な理由がないと認められることはないので、きちんと説明できるようにしておきましょう。